iPhoneのバッテリーを長持ちさせるお役立ち情報

###Site Name###

iPhoneはバッテリーを使用して動いているので、バッテリーが無くなってしまうと動かなくなってしまいます。

バッテリーを消費するような行動はアプリを起動したり、動画を閲覧したり、音楽を聴いたりとほとんどの行動で消費することになるので、なるべく無駄なものを省いたりすることでバッテリーの消費を抑えることにより、起動時間を長持ちさせるのがいいでしょう。

iPhone6sの機種変更に有効なサイトです。

具体的にどういうことをすればいいのかというと、たとえば不必要なアプリを終了させるということが挙げられます。



iPhoneでは常駐しているアプリが存在しており、どのアプリがどれくらいのバッテリーを消費しているのかというのを知る方法があるのです。


それは方法を選んで設定、一般、使用状況、と進みバッテリーの使用状況を選択すると、各アプリのバッテリ消費率を確認することができるので、不必要なアプリを終了させるといいでしょう。


またiPhoneの画面の明るさにも注目して、画面の明るさ調整で明るさが最大になっている場合、それだけでバッテリーを消費することになります。



なので、画面表示と明るさから見える程度に液晶画面の明るさを下げておくといいです。他にiPhoneの画面で壁紙がダイナミックになっているという方は、通常の静止画に変えておくといいでしょう。

ダイナミックは動画のように画像が変化するという機能なのですが、このエフェクトでバッテリーを消費してしまいますので、静止画にしておくと無駄なバッテリー消費が長持ちします。